五十肩や四十肩に良い運動法

症状の原因と治療を考察し、肩の痛みを解消!

五十肩と運動

耳鳴りと薬
耳鳴とめまい
めまいとの付き合い方

色々な関連症状




背骨の歪みと腰痛
更年期の腱鞘炎
四十肩と運動法
頭痛と虫歯
耳の不快感タッピング

ある日突然手が挙がらなくなってしまう。後ろに手が回らない。動かすと激痛が走る。こんな症状が五十肩ですが、何しろ痛みがあれば運動もできません。でも、痛みが治まるとまた無理に運動してしまうことがあります。

もし五十肩の症状を経験した後、無理に腕を使ってしまったら、完治するどころか悪化させてしまう場合があるので、要注意です。五十肩の痛みは鎮痛剤やステロイド剤や局所麻酔薬による注射で緩和されますが、それで治ったわけではありません。

完治するにはある程度の期間が必要です。運動も気をつけて行わなければなりません。痛みがあるうちは無理に動かしてはいけません。なるべく安静にして冷やすことを勧めています。

痛みがおさまってきて、少し動かせるようになったら、今度は温めることと、関節が固まってしまわないように少し運動するようにすると良いようです。

痛みが完全になくなってもまだ回復の時期ですから正しい運動方法を知っていなければなりません。この運動を行うことによって完治に向かう治療となるのです。勧められている運動方法は肩の関節や筋肉をほぐすようなストレッチ方法です。

肩の付け根部分をゆっくり動かしたり、たんすなどにつかまって腕をのばしたりします。名前を挙げるとすれば、

@アイロン体操
Aタオル体操
B壁押し体操
C壁登り体操
Dコンノリー体操
Eひじまる体操
Fチューブトレーニング

などです。

これらを最初はゆっくり、根気強く続けていくことが大切です。完治するには半年から1年はかかるそうです。無理をせず、慢性化させないためにもじっくり腰を据えて治療しましょう。


Copyright© 五十肩や四十肩に良い運動法と治療 - 原因 整体 大阪. All rights reserved.